バレンタインデー

本日はバレンタインデーですね。日本のバレンタインデーは女性から男性へチョコをあげる習慣があります。さて、外国はどうなのでしょうか。

 

そこで各国のバレンタインデー事情を調べてみました!

 

各国のバレンタインデー

 

まずヨーロッパ諸国では、バレンタインデーに男女が互いにカードを贈り合う習慣があり、男性から女性に花を贈る習慣がイギリスから始まったそうです。カードに花を添えて送ることで、求愛のイベントになったといわれています。

 

イギリスでは2月14日は男性が女性を喜ばせるためにロマンチックなデートをセットアップします。素敵なレストランを予約して、花束は男性自身が持っていきます。どんなカップルでも初めて出会った頃のときめきを思い出すような演出が大切のようです。

 

その習慣はアメリカにも渡り、バレンタインデーにおける最も重要なアイテムは「花」だと言われています。他には何もなくとも「花」は絶対です。お花は女性の職場に届けられることもあり、そんなシーンがしばしば映画やドラマにも出てきます。カードを添えて贈る花は、愛の花とされるバラが主流ですが、最近では違った花をプレゼントしたい男性が増えているようです。

 

様々なバレンタインデー

 

隣の国韓国では、バレンタインデーもホワイトデーもありますが、ユニークなのが4月14日の「ブラックデー」。女性に縁のなかった男性たちがブラックデーに黒い服を着て、互いをなぐさめながらジャージャー麺を食べるというなんとも悲しい記念日(笑)。また、台湾では旧暦の7月7日もバレンタインで、年に2回も愛の日があるようです。

 

ヨーロッパでも北欧の国々は、夏至の日が愛の告白日のようですが、最近はバレンタインデーも祝うそうです。またフィンランドでは、2月14日は「友情の日」で、この日は親しい友達や家族にカードやお花を贈り合うそうです。さらに、イスラム社会でも、自由な国ではバレンタインデーがあるようです。

 

世界でも様々なバレンタインデー、今日も楽しい1日を過ごしましょう!

Happy valentine's day♪


西東京市東伏見 HappyTime

ハッピータイム 
西武新宿線東伏見駅から徒歩圏内!

 

アシスタントより