バッグにはいつもハーブティーを

 

コーヒー、紅茶、中国茶は、世界中でも楽しまれている三大飲料です。そこに加わった4つめのお茶がハーブティーと言えるでしょう。

 

中国では、インスタントコーヒーの空き瓶を水筒代わりにして、ウーロン茶を持ち歩くのを見かけます。仕事の合間、ちょっとした休憩時間にウーロンブレイクを楽しんでいます。同等の姿は南米でも見かけられ、そこではウーロン茶ではなくマテ茶です。

日本では、コンビニなどでもたくさんの種類の緑茶がペットボトルで売られています。

 

お茶の始まりは薬用であったと言われます。どのお茶もからだによい効能をたくさん持っています。でも、お茶と薬の違いは「楽しみ」でるところです。効能はもちろんのこと、一息つく、その心の休息やコミニュケーションが疲れを取り、英気を貰います。

ハーブティーをもっと、楽しみましょう。

ハーブティーをポットに作って持ち歩いたり、もしくはティーパックを携帯すれば、いつでもどこでも手軽に楽しめます。オフィスや旅先、おそらく外出先のほうがハーブティーが欲しくなるシーンが多いと思います。

各種シングルハーブティーを取り揃えております。貴方に合ったオリジナルハーブティーをお作り致します。お気軽にお問い合わせください。