塩分取りすぎの人へのおすすめハーブティ

12月に入り、これからは塩分の多い食事をとることが多くなります。味噌汁、漬物、魚の干物、ラーメン、スナック菓子に加えて、いくら、数の子、カニ、お正月のおせち料理など、ついつい美味しくて冬は塩分を多く取りがちです。

塩分は人の身体に必要なものですが、取りすぎは健康によくありません。

塩分を取り過ぎると、高血圧やむくみとして症状がでてくることになります。

塩分はミネラルであり、血液検査ではナトリウムとして存在します。体内では、ナトリウムとカリウムのこの2つが一定の濃度を保ち、体の生理機能を調整しています。体内の塩(ナトリウム)の量が多くなると、体はナトリウムの濃度を薄めようとして、水分を取り込もうとします。塩分を取り過ぎると、のどが渇くのは、知らないうちに体が血液内の塩分の濃度を調整したいと動いているからです。

塩分取りすぎの人に効果的なハーブティーは!利尿作用のあるものが有効です!

 

マリーゴールド

 

オレンジ色の花がきれいな見た目にも楽しく、くせのない味で飲みやすい味のお茶です。

 

血流を促進させて、体内の毒素を排出する効果があり、血液循環により利尿作用を促します。

また。抗炎症作用もあることから、胃の粘膜の炎症を抑え、胃炎や胃かいようなどの症状も暖和します。

 

解毒、発汗作用も持ち合わせていて、体から毒素を排出するので、熱を伴う風邪やインフルエンザの季節には、予防を兼ねて飲むのもおすすめです。

 

レモンバーベナやカモマイルとのブレンドがおすすめです。1日に2〜3杯飲まれてください。自分にあったハーブティーを見つけて、塩分の取りすぎを改善しましょう。

 

 

*****本日もご来店ありがとうございます*****