フランス式アカスリと韓国式との違いとは?

アカスリというと、韓国式をイメージする方も多いかもしれません。

 

しかし、実はリラクには、フランス式のアカスリがあるのです。

フランス式と韓国式の違いとは?

では、フランス式と韓国式の違いはなにか。

 

下記で詳しくお答えします。

アカスリのやり方の違い

まず、フランス式と韓国式では、アカスリのやり方が違います。

 

例えば、韓国式のアカスリでは、主にレーヨン素材の垢すりタオルを使い、タオルで体を擦りアカスリをしていきます。

 

一方で、フランス式のアカスリでは、韓国式のように垢すりタオルを使うのではなく、植物の種や殻、ハーブなどの「天然由来の成分」で作られたジェルやクリームを肌に乗せ、優しくマッサージするように、丁寧に古い角質を取り除いていきます。

 

化学成分などを使わないため、肌への負担を軽減できるのが、フランス式アカスリの魅力です。

 

なお、フランス式ではアカスリではなく、「ゴマージュ」と言うことが多いです。

 

ゴマージュは、ピーリング・スクラブなどに代表される角質ケアのうちのひとつになります。

 

このように、フランス式と韓国式では、アカスリで使用する素材も全く違うのです。

韓国式の方が強い

また、フランス式と韓国式の違いは、強さにあるかもしれません。

 

一般的に韓国式アカスリは、垢すりタオルでゴシゴシ体を擦り、垢を取って行くイメージが強いかもしれません。

 

一方で、フランス式アカスリは、ジェルやクリームを肌に乗せ、優しく指先でくるくると肌を撫でるようにマッサージを行うので、肌への負担も少なく優しいアカスリになります。

優しさを求めるならフランス式アカスリ

アカスリというと、韓国式のしっかり擦り、垢を落としていくイメージが強く、なかには「韓国式アカスリが痛い」「刺激が強すぎる」と苦手意識のある方もいらっしゃると思います。

 

そのような方こそ、天然由来成分で優しくマッサージするように古い角質を落としていく、フランス式のアカスリがオススメです。

 

当店でも人気のフランス式のアカスリをご用意しておりますので、ご興味ある方は、お気軽にご連絡くださいませ。

 

当店のフランス式アカスリについてはこちらへ

 

フランス式アカスリの効果はこんなに違う?